高齢者が使う場合格安スマホのデメリット・問題点

シニアの格安スマホデメリットや問題点

格安スマホは安いのに、ドコモやauと変わらないエリアで使えてネットも電話もできる。

メリットばかりをお話してきましたが、

musashifreetelnenkin

高齢者の方が格安スマホを使う場合にデメリットはあります。

そのデメリットを踏まえたうえで乗り換えると満足感は高くなるはずです。

格安スマホのデメリット

 

格安スマホのデメリットは4つあります。

 

① ショップが殆どない

② 初期設定を自分で行わなければならない

③ 通話料金が比較的高い

④ キャリアメール(docomo au softbankのアドレスのメール)が使えない

 

この4つの点がデメリットになる方もいらっしゃいます。

中でも格安スマホをシニアの方が使うときにデメリットになる一番の要因は、

①のショップが殆どない

ことです。大手キャリアであれば、対面のショップがありますが格安スマホは殆どありません。よくて都心部の家電量販店でコーナーが用意されているぐらいです。

blackberrynenkin1

また、②の初期設定ですが、格安スマホはSIMをスマホに挿入して、ネットへつなげる設定などを基本的に自分ですべて行わなければいけません。説明を読んで行えばうまくできるとは思うのですが、IT系の操作に慣れていないと少々難しいかもしれないです。

私自身デジタル系は得意なのですが、はじめての格安スマホに設定をする時はかなり難しさを感じたことを告白します。

また③の通話料金が比較的高いことも、電話をよくかける方にはデメリットに感じるかもしれません。そのまま使うと20円/30秒なので毎日電話を携帯でかける方は注意が必要です。

znefonenekin8332

メールに関してですが④のキャリアメール(docomoやauなどのメーカー名が付いたメールアドレス)は格安スマホでは使えません。

このことがデメリットになる方は、所属している団体のメールがキャリアメール宛てではないと不達になってしまうだとか、ネット銀行の取引などでキャリアメールが取引のアドレスに使われる場合です。

デメリットがこれだけありますが、実はこのデメリットは解決できるものでもあります。

 

 

格安スマホのデメリットを

解決する方法→シニアが格安スマホを使う時にデメリットを解決する方法

 

 

トップページへ戻る

投稿日:

Copyright© シニアの格安スマホ通販ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.