格安スマホとは何か?

高齢者シニアにおすすめの格安スマホとは何ですか?

投稿日:

このページでは、通信費が安くなる『格安スマホ』とは一体何を意味しているのか、どのように使うものなのかををわかりやすくご説明いたします。

またなぜ今シニア高齢者の方にスマホがおすすめなのかも合わせてご紹介します。

syasinprint222

シニアにオススメの格安スマホの会社を

今すぐ知りたい方は→シニアにおすすめの格安スマホランキング

格安SIMを入れて使えばスマホは安くなる

スマホには1台ごとに携帯電話会社のSIMカードと呼ばれるICカードが入っています。

このICカードをドコモやソフトバンク、auなどではなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)で扱っている  

simcard332

『格安SIM』とよばれるICカード(SIMカード)に変えて使うと、そのスマホは今までと機能は同じように使えるのに、

月額料金が安い『格安スマホ』

になります。※1 また、MVNOでは『格安SIM』と一緒にセットで格安なスマホ本体も売っているので一緒に買うこともできます。 管理人はMVNOからスマホと格安SIMをセットで契約しました。

rakutenmobile4324000 ※1 新しく端末を買うのではなく、手持ちのスマホで格安SIMを使いたい場合は、乗り換えたい格安SIMを扱っている会社のホームページにあります 『動作確認済み端末一覧』にお使いの機種名が掲載されているか確認します。

動作確認されてない場合は使えないので、新しく格安SIMと端末をセットで契約します。

格安SIMはドコモの回線を使っている業者が殆どなので、ドコモの端末であれば流用できる可能性はauやソフトバンクよりも多いです。

au系の格安SIMも2社ほどあります。そちらでも動作確認済み端末一覧がありますのでもし現在の端末を使ってみたい場合はチェックしてみて下さい

(ただし動作確認できていても、動作保証ではございませんのでご注意を)

 

シニア高齢者の方は、格安スマホの会社で、スマホ本体とSIMを契約することを強くオススメします。そうすれば動作保証されるので安心です。

 

そのほうが、スムーズに格安スマホの生活をできるので簡単です!

どうしてMVNOの格安SIMは安いのか?

MVNOで扱っているSIMを入れると月額料金が安くなるのかと言いますと、MVNOは大手キャリアの通信網を間借りして運営しているからです。

ショップ【※】や自社設備をMVNOは持たないので、その分安くなる仕組みなのです。

安くはなりますが、通信網は大手キャリアのものなので、機能も通信可能エリアも大手キャリアと変わらず使えるので安心です。

大手キャリアと同じような機能を持ちながら、通信費は大幅に減る格安スマホに、私の周囲の節約好きな方たちが次々と乗り換えています。

rakutenshop44332

是非高齢者の方もこちらのサイトを読んでいただいて、格安スマホに乗り換えてみてください。

固定費(通信費)が安くなるだけではなく、新しい世界が広がるはずです。

今はスマホ1台あれば、

健康管理も、新たな収入を得ることも、新しい交友関係を持つことも可能です。

スマホがあれば、見えてくる景色も変わります!

 

【※】ちなみに、数は少ないですが実店舗ショップを持つ格安スマホもあります 上記は世田谷区の楽天カフェ内の楽天モバイル

 

実際の格安スマホの月額料金記事

格安スマホのデメリット記事

 

トップページへ戻る

ワイモバイル格安スマホ記事 TONEモバイル格安スマホ記事 楽天モバイル格安スマホ記事 FREETELの格安スマホ記事

-格安スマホとは何か?
-,

Copyright© シニアの格安スマホ通販ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.